お金を即日・当日で借り入れしたい!

信用情報機関ってどんなものなの?

キャッシングの申し込みをするとキャッシング会社は審査を行います。その審査時に利用するのが信用情報機関です。
信用情報機関に問い合わせると、ローンやクレジットカード等の借入状況、借入金額、借入など、金融情報がいろいろと把握できるのです。
この人とキャッシング契約をしても本当にきちんと返済してくれてるのかを判断します。
信用情報機関は全部で3つあります。平成21年前までは5つの信用情報機関がありましたが、今は統合され3つになっています。
信用情報機関は、延滞情報や債務整理などの情報を共有しています。
信用情報機関に金融事故情報が掲載されることを俗に「ブラックリストに載る」と言います。
ブラックリストに載ってしまうと、新しくクレジットカードを作れなかったり、キャッシングの申し込みをしても審査で落ちてしまいます。
3か月以上クレジットカードの支払いやキャッシングの返済を延滞してしまうと乗る可能性が高くなってしまいます。
自分の信用情報はどのようになっているのか気になりませんか?信用情報は個人でも閲覧することができます。
各信用情報機関によって、閲覧方法は異なります。
HPに詳しく記載されていますが、窓口に申し込む、郵送で申し込む、ネットで申し込むなどがあります。

 

 

そもそもカードローンってどんなもの?

 

カードローンと最近コマーシャルなどでよく耳にしますが、利用した事のない人には分かりにくいと思います。
分かりやすく言うと、カードローンとはATMでお金を借りる事ができる便利なカードの事をいいます。
お金を借りるので借金なのですが、カードを作る際に審査がありますし、ある程度の限度額が設定されていますので、その限度額以上は借りる事が出来ないので借り過ぎる事がなく安心です。
また、無担保で利用する事ができますが限度額が決められており、その限度額内であれば何度でも借りる事ができ便利です。
返済の仕方も、一括払いと毎月一定額を返済する残高スライド定額リボルビング払いが選ぶ事ができ、自分の経済状況に応じて選択できます。
カードローンは、一度審査を通過すれば借りるたびに審査を受ける必要がなく、限度額内ならいつでもどこでも気軽にお金を借りる事ができます。
今では、銀行、信販会社、消費者金融と、色々なところでカードローンは取り扱っていますので、審査さえ通れば学生でも、専業主婦でも作る事ができる商品もあります。
審査の厳しさ、限度額、金利とそれぞれ違いはありますが、どこでカードを作っても、利用使途自由、無担保で利用する事ができるカードローンは非常に便利なものだと言えるでしょう。

 

 

 

 

アコムは母子家庭でもお金を借りる湖とはできますか?

 

母子家庭など家庭環境に関わらず、お金を借り入れすることはできます。アコムでは、契約の条件として、借り入れ金額の上限を「年収の3分の1」毎月の安定した収入があり、返済能力がある人を対象としています。

 

・職業の種類も問われない
アコムに限らず、ほかの大手消費者金融でも同じですが、職業の種類や雇用される形態も問われません。
アルバイトやパートタイム、正社員、派遣社員など、雇用主とどのような契約を結んで働いていても、一定の収入を確保して、これから借りるお金を毎月返済できると判断されれば、契約をすることができます。
また、水商売など職種で大きく区?されることもありません。確かに国家公務員などの固い職業であれば、賞与の支給なども安定しているので、キャッシングやローンなどでは有利ですが、そういった職種であっても自分の収入に見合わない借り入れはできません。

 

・忙しい環境に適したサービスが多数
アコムでは、借り入れや返済額のチェックなどが簡単にできるWebサービスが充実しています。そのため、母子家庭であったり忙しい毎日を送っているユーザーに人気があります。
パソコンの前に座る時間がなくても、ケータイやスマートフォンでアクセスして、一通りの機能を使うことができるので便利です。

無人契約機であったり、スマートフォンからの申し込みサービスを行うなど大変お金を借りやすい環境が日本ではすでに整っていますよね。
気軽に申し込みもできるようになっているものですが消費者金融でお金を借り入れするその最大の難関はなにかというとやはり「在籍確認」ではないでしょうか?
職場にお金の借り入れがばれたらどうしよう。。
知られてしまっては少し気まずいなど色々悩んでしまうものだと思います。
アイフルでは在籍確認の電話連絡があるのかということですが、アイフルでももちろん在籍確認の電話はあります。
どうして在籍確認があるのかというとやはり消費者金融での借り入れは無担保のローン。
そのためには本当に消費者が仕事に出向き、お金を稼げているのであるか知っておかなければ融資側は貸し倒れしてしまう可能性がありますからね。
アイフルの在籍確認は直接勤務先に電話をかけてその人がいるかどうか確認するだけの単純なものです。
また、本人が電話に出ても在籍確認という形は成り立つんだそうです。
やはり他の人が出てしまうよりも自分で電話に出た方がバレるリスクも避けられるのでは?
そのためにはアイフルに事前に何日のどの時間帯くらいにどこの部署にかけて欲しいとリクエストをしてみてはどうでしょうか
そういった希望も聞いてくれる場合がありますのでお申し込みの際は一言添えておくといいかもしれませんね。

続きを読む≫ 2014/11/04 21:10:04

アイフルは審査の時に収入証明証が必要かということですが借りた額によって不要である時、必要な時と分かれてきます。
50万円までの借り入れであれば収入証明証は要りません。
しかし免許証やパスポートといった身分証明書は借り入れの際必ず必要なものですのでお忘れなく。
ではどんな時に収入証明証は必要であるかというとまず一つ目は50万以上の借り入れをする場合です。
その為「今回は多めに借りよう」と決められた時点で前持って収入証明証の準備をしておくと申し込みの際はスムーズにいくはず。
2つ目はアイフルでの利用限度額と他の賃金業者との借り入れの合計額が100万円を超える場合必要だそうです。
例えアイフルで40万の借り入れでも既に他で60万以上借りている場合は申し込みの際は収入証明書が必要になります。
3つ目は既に提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合はまた提出が必要となります。
前に借り入れをした時から職業が変わりないとしても3年もたてば給料の変動が合っている事もありますよね。
当たり前ですが「現在の時点」での情報がないと貸す側はやはり不安なものです。
前に提出した経験があっても最新の給与明細書など提示すると間違いないでしょう。
では提出可能な収入証明証は「源泉徴収書、給与明細書、市民税・県民税決定通知書、課税証明書、所得証明書」以上のものです。
申し込み当日手元になければ即日借りれない場合も考えられますので気をつけましょう。

続きを読む≫ 2014/11/04 21:08:04

アイフルでキャッシング下ことのあるホステスさんの話

ちょっと水商売って社会的地位が低く見られ過ぎなんじゃってずっと思いこんでたんですよね。その理由は水商売で働いてるってだけで、お金が借りにくかったりするんじゃないかって言うのを聞いてたからなんです。

 

実はちょっと仕事に疲れたのもあって少しの間旅行に行こうと思ってたんですけど、旅行に行くにはお金が足りなかったんですよね。だからアイフルみたいな消費者金融で借りようと思ったけど、知り合いから水商売じゃ借りれないかもよって言われたんですよ。

 

水商売はやっぱりそんな目で見られてるんだって思ったんですけど、念のためにアイフルに直接確認をしてみたんですよね。水商売じゃ融資は受けられないのかって。オペレーターのお姉さんが言うには、仕事は関係なくちゃんと安定して収入があれば審査はしますよって言ってくれたんですよね。

 

今まで水商売は社会的地位が低いって思いこんでたのは何だったんだって思いましたよ。知り合いの言う事もあてにならないなっていうのもその時わかりました。だから思い切って10万円の融資を申し込みしてみました。

 

丁度日曜日だったので、振り込みでは即日は無理だっていうから自動契約機を利用したんですけど、収入証明も不要だったし審査も30分で終わって契約も入れたら1時間くらいでその日にキャッシングをする事が出来ちゃいましたよ。

続きを読む≫ 2014/10/27 21:00:27

消費者金融で審査通過できた看護師さんの体験談!

看護師は昔から3Kなんて呼ばれてる仕事ですよね。まあ3Kどころではない仕事なんですけど。特に病棟勤務の看護師は過酷な現場ですよ。人の生き死にに直面する仕事ではありますから、ストレスが凄い溜まっちゃうんですよね。

 

まあ人間関係もあるかとは思います。女性が多い職場には人間関係が複雑なところが多いですからね。私のところはまだマシなのかも知れませんけど、友達の職場なんて人間関係は最悪なところが一杯らしいですから。

 

よく飲み会を開いてるんですけど、やっぱり話題は人間関係に関する事が多いですよね。お給料の殆どをお酒の為に使ってる友達もいてビックリはしましたけどね。シフト勤務をしている看護師はある程度のお金を稼いでいるのにまだ足りないっていうんです。

 

じゃあ生活費はどうしてるの?って聞いたら、カードローンを使ってキャッシングしてるみたいですね。私はカードローン使った事無いんで、看護師でも借りれるんだ?って聞いたら笑われちゃいました。安定した収入があれば貸してくれるのよって。

 

私も正直生活費が足りない時はあるんです。買い物し過ぎちゃったり、外食祖し過ぎちゃったりする時がありますから。だから私でも借りれるならカードローンを申し込んでおいて、どうしても足りない時は利用してみようかなって思ってます。

続きを読む≫ 2014/10/23 21:04:23

専業主婦である場合、基本的にカードローンでの借入は不可になっています。
それでも借入をしたい場合にはどうしたらいいのでしょう?

 

【楽天銀行スーパーローンを利用する】
楽天銀行のカードローンである「楽天銀行スーパーローン」は、専業主婦でも利用することが可能になっているカードローンです。
他の銀行系カードローンや消費者金融では借り入れることができませんが、ここなら可能性はあります。
どうしても借入したい場合にはこのカードローンを利用するというのもひとつの手段です。

 

【クレジットカードのキャッシング枠を利用する】
あまり意識せずにクレジットカードを作っている人も多いかもしれませんが、クレジットカードには多くの場合キャッシング枠というものが存在しています。
クレジットカードのキャッシング枠であれば、すでに審査も通ってカードが発行されていますから、また新たに審査する必要もなく、クレジットカードを利用して借り入れることができます。
ただし中にはショッピング専用のカードなどもありますから、自分のカードにキャッシング枠があるのかどうか、借り入れることができる額はいくらなのか、ということは確認しておきましょう。

 

専業主婦でも借り入れることができる方法はあります。
どうしても必要になったら、こうしたところを頼ってみてはいかがですか?

続きを読む≫ 2014/10/22 20:56:22

アコム・プロミス・モビットなどの消費者金融でOLって即日の借入をする事は出来るのでしょうか?OLは消費者金融では審査が厳しいという情報を見かける事もあるのですが、あの情報って本当なのでしょうか?
消費者金融が融資の申し込みの際に求める条件は「安定した収入」です。「どんな職業なのか」ではありません。OLだと審査の基準が厳しくなるという事もまずありません。
まずOLというのはオフィスレディという略称であり、会社員という事実に変わりありません。しかもOLは正社員です。パートでも融資が受けれる事があるのに正社員のOLが審査に通らないという事はありません。
しかもOLは正社員でボーナスも支給されます。と言う事はアルバイトの人よりも「安定した収入」があるという事です。ですからアコム・プロミス・モビットなどの消費者金融に申し込むのに何の不安もいりません。
融資の申込は問題なく出来ますから、後は自分の信用情報や属性などに問題がなければ審査に落ちる事は余りないでしょう。ただ属性などに問題があれば落ちる事もあります。
消費者金融の審査にはある程度の時間がかかる事がありますから、即日借入をしたいと思うのなら営業時間中に自動契約機を利用すると即日借入は出来るでしょう。自動契約機は21時頃まで営業している会社が多いので、OLでも十分間に合うのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2014/08/16 03:25:16

外国人はプロミスみたいな消費者金融に申し込んでも審査に通らないといったデマを信じていませんか?
外国人だって今すぐお金を借りたいと思う事はあるでしょう。
でもデマを信じていると今すぐお金を借りたいと思っても消費者金融に申し込む事は出来ませんよね?

 

そんなデマを信用せずにプロミスに申し込んでみましょう。
すると意外にいい結果が出るかもしれません。
プロミスは外国人でもある一定の条件を満たせば借り入れが出来ます。

 

では今すぐお金を借りたいと思った外国人はプロミスで借り入れをする為にはどんな条件をクリアすればいいのでしょうか?プロミスで外国人が借り入れする為の条件を調べました。

 

まずプロミスは日本の消費者金融であり、契約書や申込に関する質問等は全て日本語で行われます。
だから日本語でコミュニケーションが取れる事が必須条件となっています。

 

また契約書も日本語での記入が必要ですから、日本語で読み書きが出来なければいけません。
日本語でコミュニケーションが取れて日本語の読み書きが出来ても日本の永住権を持っていなければいけません。

 

それに加えて安定した収入がある事も必須条件となっています。
日本人でも必須条件となっている安定した収入は消費者金融で借り入れる為には絶対クリアしなければいけないものだからです。

 

続きを読む≫ 2014/07/24 21:59:24

金利や利息って良く聞きますよね。何となくの意味はわかっていても金利の事を詳しく知っている人はそんなに多くないのかも知れません。
そこで金利とはどういうものなのかを纏めてみました。

 

金利というのはお金にかかる利率の事を指しており、これはお金を預ける場合にも、お金を借り入れる場合にも関係してきます。
例えば銀行に預金をした場合には現在は年率0.2%等の利率が適用される事が多いでしょう。

 

逆にお金を借り入れる場合には、金融機関などによって異なりますが年率18%程度の金利を取られる事が多いと思います。
預ける場合には0.2%程度の金利しか貰えないのに、借りた場合には18%程度の金利を取られる事になるのです。

 

銀行や消費者金融などは人や企業にお金を貸し付ける事で利益を生み出しています。
人から預かったお金を人に貸して利益を生む訳ですから当然貸し出す場合には金利は高くなります。

 

これは人件費や必要経費等を考慮している部分もあるのですが、万が一貸し付けたお金が返ってこなかった場合のリスクも計算されていると言われています。

 

ですから預ったお金に対する金利は低く設定し、貸し付けたお金に対する金利は高く設定されているのです。
ただ貸し付けたお金に対する金利は法律によって上限が決められていますから、その上限を超えて金利を取る事は出来なくなっています。

続きを読む≫ 2014/07/08 16:06:08